コナン・ドイルの『霧の国』を読みました

コナン・ドイルの『霧の国』を読みました

コナン・ドイルの『霧の国』を読みましたが、正直言って「うーん」という感じです。

 

ドイル最晩年の作品のひとつらしく、筆力が衰えていると言えばそれまでなのですが、
それ以前に読者の期待に悪い意味で応えていないように思えました。

 

『霧の国』は『失われた世界』や『毒ガス帯』などと同じく、
奇人の大学教授チャレンジャーが中心的な人物として活躍する、いわゆる「チャレンジャーもの」なのですが、
どうした訳か『霧の国』ではチャレンジャーの出番が極端に少ないです
(かわりにチャレンジャーの娘は出てくるけれど)。

 

読者としては、短気で凄まじい外見だけれど知性は超一級のチャレンジャーが、
どう活躍するのかを見たいわけなので、
その彼があまり出てこないとなると非常に物足りなく感じてしまいます。

 

言うなれば、ホームズがほとんど活躍しない「ホームズもの」を読んでいるような感じがしました。

 

おまけにテーマが「心霊」で、しかも怪しげな降霊会の様子がひたすら描写されるという、
ある意味すごく地味な内容なので、読むのがかなり苦しかったです。

 

これで「チャレンジャーもの」はすべて読み終えましたが、
正直言って『霧の国』はあまりおすすめできません。

 

おすすめ順で言うと、『失われた世界』、『毒ガス帯』、「地球の悲鳴」、「分解機」、
『霧の国』といった感じです(「地球の悲鳴」と「分解機」は短編)。

 

特に『失われた世界』はエンタメとしてすごく面白く、冒険小説の古典の名に値する作品だと私は思います。